酵素とは生命を持たない化学物質(特殊なタンパク質)で、触媒作用があります。これを生体触媒といい、酵素が触媒する化学反応を酵素反応といいます。
例えば、土壌内にある加水分解酵素の触媒作用で、水分子は水素と水酸基に分解します。この反応を使って土壌中の微生物が有機物を無機物に替え植物を育てます。
また、この酵素を作り出すのが微生物です。
この酵素による触媒作用が土壌内で活発化すると、微生物の働きがよくなり、植物が効率よく成長します。