2014年1月1日(水)のニッキン(日本金融通信社)の特集面「JAバンク、農業担い手金融を強化」の事例として当社が紹介されました。

【ティアンドティナーサリー】
アグリシードの投資先
「財務基盤の厚み増す ~ 植物工場なども整備」

 

同社は13年5月に農林中金宇都宮支店の提案で、アグリシードファンドから1千万円の資本供与を受け、財務基盤を強化。
財務基盤が厚みを増したことから、効率的な栽培方法の研究・開発や植物工場の改良など事業を強化。特に植物工場では自然のメカニズムに従って生育させることで、病害虫にも強い苗を栽培。13年夏からフル稼働しており、1サイクルで50万本の苗を増殖による栽培を実施。
(記事より一部抜粋)